« 2005年7月16日 | トップページ | 2005年7月24日 »

2005.07.23

4TH GENERATION EXPLORER

Ex1 06モデルの最新画像を発見しますた!
画像はV8リミテッドらしいです。
当然、保安部品も含めて日本仕様はこのまんまとは限らないでしょう。
ポジションもなさそうですし。
ボディーカラーと撮影角度からかもしれませんが意外とカッコイイです。
内装もいいですしね。シフトノブがいい感じです。

・リア
http://img.photobucket.com/albums/v169/viperdout/Explorerpics.jpg
・ダッシュボード
http://img.photobucket.com/albums/v169/viperdout/Explorerpics2.jpg
・シート
http://img.photobucket.com/albums/v169/viperdout/Explorerpics3.jpg
・メータ周り
http://img.photobucket.com/albums/v169/viperdout/Explorerpics5.jpg


| | コメント (0) | トラックバック (0)

けっこうたかいのねん

牽引ロープを買いにいった。ABへ。いろいろ種類はあるんだけど、4WDクラスを牽引するのは無かった。
ワンランク下のブツはあったけど、それでも7英世ちかくするんだね。
結構高いものでした。
それよか、2GENのEXで牽引する場所ってどこなのかな?
知ってる人、教えてくださいませ。
ちなみに、ロープは購入していません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FOG LIGHT

フォグライトはフォグライト自体を交換することにした。 BBSからの情報を元にPIAA1500シリーズpp101という、標準ライトとだいたい同サイズの商品を選択した。PIAA1600というのでも可能である。

[購入品]
  • PIAA1500シリーズ(pp101)
  • ボルト、ナット、ワッシャーなど(4mm*12mmを4セット)
  • ギボシ端子セット
[取り付け手順]
  1. 標準フォグが取り付けられているブランケット(横からみるとコの字型)をボfog2ディーからボルト2本をはずし取 り外す。
  2. ブランケットから標準フォグをとりはずす。
  3. ブランケットにPIAAのステーが取り付けられるようにボルト穴をあける。4mm〜5mm程度
  4. フォグステーを別途購入したボルトナットでブランケットに固定する。
  5. フォグランプをフォグステー取り付ける。
  6. ブランケット&フォグをボディーに取り付ける。
  7. 配線をする
  8. 光軸を調整する

というような感じだ。
ブランケットにはボルトで固定しなくても両面テープでも可能だが、なにぶん汚れやすい所なので、今後のことも考えボルト固定にした。
別途購入のボルトナットは、ブランケットにあけた穴にあわせて、ホームセンターなどで購入してほしい。500円程度である。
配線は既存のコードを切断して、ギボシ端子で接続。これで車内の標準ボタンが使用できるのだ。

ヘッドライトとフォグライトを交換することで、かなり明るくなた。150%upって感じだろうか。
できれば、ヘッドライトとフォグライトを別々に点灯できるようにしたいのだが、これは配線をいじる必要があるので無理かな。
また、最近でているHIDにも興味があるが、バリ高なのでこれも無理。
バルブが切れたらHID風バルブにしよーかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月16日 | トップページ | 2005年7月24日 »