« 2005年7月23日 | トップページ | 2005年7月25日 »

2005.07.24

CARRIER BASE for EXPLORER

hidepの趣味は、夏はキャンプ、冬はスキーだ。
当然のことながらキャンプ用品はテント、テーブルなど一式つまなければならないし、スキーは多人数での日帰りがメイン。 積載量が多いことにこしたことはないのだ。
エクスプローラーの場合、カーゴルームがフラットになるものの、隙間というものがない。 だから細かい荷物を積めない。
hidepは大人が3人横になって寝れるスペースが欲しいのである。
だから荷物を外に出すためにジェットバックを載せたいと思ったのだ。

cb2 エクスプローラーに標準装備されているキャリアバーは、メーカ独自仕様のために汎用性がない。
また聞くところによると、強度もあまりないらしい。
載せるならTHULEと決めていたhidepは(またミーハーな)、業界標準?の四角いキャリアバーを付けたかった。
パーツ情報はあたりまえのことながらBBSからだ。
どうやらRV-INNOからエクスプローラーに取り付けることできるキャリアベースシステムがあるらしい。
オートバックスにカタログを取りに行き、それに決める。

購入品

  • ミニレール IN-190ベーシックバーを載せるためのレール
  • ミニレールパーツ(エクスプローラ用) IN-192ミニレールをルーフに固定する金具
  • ローダウンステーセット IN-SRミニレールとベーシックバーを結合する金具
  • ベーシックバー (117cm) IN-B117システムキャリア類を取り付けるもの

説明書もあることだし、自分で取り付けることにする。
まず標準のキャリアバーをはずさなければいけない。これが大変だった。
キャリアバーをはずすためには、ルーフにあるレールの前後にあるキャップいずれかを必cb3ず取り外さなければならない。これが外れなかった。
3年もたっていると錆びているのか、はたまたドライバーがあっていないのか、まったくネジが外れないのだ。
どうにかこうにか片側だけは外れたが、もう片方はどーにも外れない。結局、ネジ穴をなめてしまった。とほほ。
車検の時期と重なったため、これ幸いとついでにディーラーにはずしてもらう。
キャップさえはずれれば、これからは簡単だ。
説明書通りに

  1. ミニレールパーツの取付け
  2. ミニレールの取付け
  3. ローダウンステーセットの取付け
  4. ベーシックバーの取付け

の順に取り付ければOKである。
ただし、載せるシステムキャリアによっては、前後の調整が必要だ。
事実、hidepはジェットバックを載せるときに、再度調整する必要があった。
このキャリアベース、高さが低めでかっこいいのだ。
サンルーフをチルドアップするとちょうど良いくらいの高さだ。
車との一体感がアップしている。
また、ミニレールとベーシックバーの結合部分もシルバー色のカバーがついていてベリーグッド。
お薦めの逸品である。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2005年7月23日 | トップページ | 2005年7月25日 »