« JET Power Module -1- | トップページ | NR EL-Glo White Gauge Overlay -1- »

2005.08.21

JET Power Module -2-

jet00エンジンルームと室内を仕切っている助手席側の上部に車載用コンピュータがある。
10mmレンチで真ん中のボルトをゆるめコネクタおよびハーネスをはずす。
11mmレンチで両側のボルトをゆるめ、先にはずしたハーネスをよけながらコンピュータを抜き取る。ボルトが錆びたりしている可能性があるので事前にCRCなどを吹き付けておこう。

jet03これが抜き取ったコンピュータの裏側。
横長の黒いキャップが見えるがここにPowerModuleを取り付ける。
精密マイナスドライバ等を使って慎重にこじ開ける。

jet04キャップをはずしたところ。
白い物はグリースだと思われる。接続端子を保護しているようだ。

jet05塗布されているグリースをタオルや綿棒で丁寧に取り除く。
次に金属部分をマイナスドライバで前後に擦り接触面を確実に出す。
仕上げにアルコールでふき取る。hidepはオーディオ用を使ってみた。
コンピュータ内部にゴミなどが入らないように注意しよう。

jet06PowerChipModuleの向きを確認して差し込む。
仕上げに付属のシールを貼る。
後は元通りに戻せば作業終了だ。

写真を見ればわかるが、装着部分はコネクタというよりは、基盤そのまんまだ。ノリはパソコンのメモリ増設やSCSIカードを差し込む要領ってことみたい。
今後のため寸法を採ってみることにする。

 

基盤の幅は約4cm,接点の数は15個だ。

日本仕様のEXPLORERに取り付けたい場合は、事前にコネクタを確認してみて欲しい。
ちなみにマニュアルには'95-'02(って全部じゃん)は同じ場所にあると書いてあった。
年式ごとにMODULE型番は違うようだ。

気になるインプレは

  • 全体的にスムーズに回るようになったと思う。3000rpm付近にあったもたつきが減ったかな?
  • トルク感は増えたと思う。
  • パワーも
  • 4000rpmでシフトしていたのが4300rpmくらいまで回るようになった

と思う。これはhidepの感覚なのであしからず。
今回もうまくいき満足、まんぞくでした。(^^)v

 

Price: $239.96
Shipping: $36.91
TAX: \700

|

« JET Power Module -1- | トップページ | NR EL-Glo White Gauge Overlay -1- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122232/5568299

この記事へのトラックバック一覧です: JET Power Module -2-:

« JET Power Module -1- | トップページ | NR EL-Glo White Gauge Overlay -1- »