« EX 2006モデル発表!! | トップページ | Positioning by turnlamp-2- »

2005.08.03

Positioning by turnlamp-1-

旅行でアメリカへ行ったりハリウッド映画をみているとよく我らがエクスプローラーを見かける。(映画ではあまりでないかな...)
そんなとき、我々オーナーは米国仕様との明らかな違いに直面するのだ。
それは何かというと、ターンランプがポジション灯として点灯していること。
実は米国仕様の日本車もほとんどがそのようになっている。

エクスプローラーのヘッドランプユニットはターンランプが組み込まれているため(といってもデザイン的に)やたらでかいのだが、日本仕様での夜間のライト点灯状態は少し貧弱だと思う。
なんとか米国仕様に近づけたいと常日頃から思いを巡らしていたものだ。

ついに本格的にそれを実現するべく方法を調査し始めた。あたりまえだが調査といってもネットを利用してだ。
いろいろと調べていくとターンランプをポジション化するためにはいくつかの方法があることが分かった。おおまかにいうと

  1. ダブル球を利用してポジションとターンランプを併用する方法
  2. リレーキットなどを介してターンランプ自体をポジション化する方法

の2つだ。
最初のダブル球利用は単純に適用してしまうと、日本では道交法違反となるらしい。当然、車検も通らない。
道交法によると、ターンランプは動作時に必ず点灯消灯を繰り返さなくてはならないとのこと。
合法化するためにはFSCリレー(フラッシャシグナルカットリレー)を利用してターンランプ点滅時はポジションを消灯するように改造する必要がある。

yac01 hidepのエクスプローラーはというとシングル球を使用している。レンズユニットを取り外して確認した。これから実現するためにはダブル球用のハーネス とダブル球(片側に2個づつ)とFCSリレー(片側に1個)を新たに購入する必要がある。ハーネスは1個2000円くらい、FCSリレーは1個3000円 くらいだと思う。

2つめのキットを利用する方法は簡単だ。キット自体いろんなメーカから販売されているようだが価格も機能もばらばらだが、いいやつを見つけた。
こいつのいいところはポジション点灯時はターンランプを減光状態で点灯し、ハザードやターンランプ動作時に左右のポジショニング機能が瞬時にオフとなるという合法化?キットなのである。
ただし、hidepはすこしだけこだわった。何かというと片側のターンランプが点滅しているときでも、反対のターンランプはポジションとして点灯しておきたいといこと。
これを実現するためには左右独立してキットを付ける必要があると考えた。
2倍かかってしまうが、考えるまでもなくダブル球仕様よりも価格が安いキットを利用することに決めた。

|

« EX 2006モデル発表!! | トップページ | Positioning by turnlamp-2- »

コメント

はじめまして、98のエディーに乗っているのですが、先日いきなりウインカー及びハザードがつかなくなって困ってます。原因がわかるようでしたら教えて頂ければ幸いです。

投稿: harry | 2005.09.26 18:33

はじめまして。hidepです。
考えられる原因とのことですが、
・単なる球切れ
・リレーが壊れた
・フューズ切れ
などが考えられるかと。
ではでは。

投稿: hidep | 2005.09.30 10:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122232/5290990

この記事へのトラックバック一覧です: Positioning by turnlamp-1-:

» ヤックウィンカポジションキットEP-3 [FORD@EX++]
ポジション点灯時、ウィンカは消灯しているのはあたりまえ。 それを点灯させドレスアップさせるパーツ。 US仕様のEXは点灯しているため、それに近づけるためのパーツだ。 車検対応にならない場合が多いため工夫が必要である。 (注)必ずしも取付可能を保....... [続きを読む]

受信: 2005.08.03 16:36

» Positioning by turnlamp-2- [hidep@EXPLORER ]
キットを購入する前にいろいろと準備をした。 まずは配線を確認し、どこで結線する [続きを読む]

受信: 2005.08.21 15:48

« EX 2006モデル発表!! | トップページ | Positioning by turnlamp-2- »