« Positioning by turnlamp-2- | トップページ | Positioning by turnlamp-4- »

2005.08.03

Positioning by turnlamp-3-

まずは事前準備だ。だいたいの本体取付位置を決め、配線の長さを確認する。 ウィンカ接続用線材は十分足りたが、ポジション接続用が短い。昔購入したフォグランプで余った線材を使って延長。ついでに付属のビニールチューブで保護する。 早速、比較的取付が簡単そうな助手席側から接続してみる。

yac16ターンランプレンズの取り外し
ボンネットを開いてターンランプレンズを止めているネジ2本をはずす。レンズとボディーの間に手を入れ押し出せばはずれる。グリルに干渉している場合もあるがゆっくりと行おう。

yac12ターン、ポジションバルブの取り外し
レンズユニットからバルブを取り外す。半時計回りにまわせばはずれる。ハーネス側に余裕がないので手が入れずらい。バルブを固定する切り込みが壊れやすいので注意。hidepはもげてしまった。

yac17ターンランプ結線場所の準備
エンジンルーム内にヘッドライトユニットからくるハーネスと大元のハーネスとの接続コネクタがある。そのヘッドライト側のターンランプ線にキットからの配線を結線するため保護管をカット。

yac18キットとターンランプの結線
キットとターンランプを接続する。今回もギボシ端子を使用した。元に戻すつもりはないが、もしものためにオスメスはきちんと分ける。


yac19キット本体の取付

本体は若干放熱するため水濡れしないようなところに両面テープで貼り付ける。写真は助手席側。
運転席側も同様に貼り付ける。配線の処理はハーネスのコネクタが下の方にあるのでバッテリーを外すひつようがあった。


配線接続が完了したら点灯確認だ。わくわくしながら確認する。
今回のリコールで交換したライトスイッチを回す。

「んんっ?」

点灯するには点灯したのだが、なんと左右の輝度がちがうではないか。

|

« Positioning by turnlamp-2- | トップページ | Positioning by turnlamp-4- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122232/5294477

この記事へのトラックバック一覧です: Positioning by turnlamp-3-:

» Positioning by turnlamp-4- [hidep@EXPLORER ]
「えー、こんなん変や」どこかに抵抗があるのかと思い、アースや電源をとるところを [続きを読む]

受信: 2005.08.21 15:54

« Positioning by turnlamp-2- | トップページ | Positioning by turnlamp-4- »