« BUG DEFROCTOR | トップページ | WHITE NIGHT BACKUP LAMP -1- »

2005.09.02

LUMI LOGO EMBLEM

EXクラブでも一時期話題になり、今でも根強い人気を保っているパーツ、通称「光るエンブレム」こと正式名称[LUMI LOGO EMBLEM]を取り付けてみた。
今回は、ホームウェアを購入するついでにたまたま売っていたこのパーツをあわせて買った。
lumi1 サイズはいくつかあるのだが、96用のサイズは売ってなかったのと、どうせ付けるなら大きめでと思っていたので、5インチタイプを選択する。このサイズは02以降の年式についているオーバルと同じ大きさだ。
当然、96のグリルにはピタッとは収まらないし、ビレットグリルを付けている関係上、クリアランスもぎりぎりであることは言うまでもない。

取付じたいはそれほど難しくはない。

  1. 作業がしやすいようにグリルを外す。グリルの外し方はビレットの取付ページを参照して欲しい。
  2. 純正のエンブレムを外す。
  3. 新しいエンブレムのハーネスを通すため、既存の穴を大きくする。
    hidepの場合もともとサイズが違うため、固定ボルト用の穴を別途開ける必要があった。4.5mmくらいのドリルを使用したと思う。
  4. 本体付属の両面テープとネジで固定する。hidepは両面テープは使用できなかった。
  5. グリルを元に戻し、インバーターを濡れないところに両面テープで固定する。配線は変にならないように別途購入の配線テープにて固定する。
  6. ポジションなどの配線に電源とアース線を接続する。

通常はポジションから電源を確保するようだが、hidepはあえてフォグから電源を取った。特に意味はないけど点灯したり消したりができるのでそうした。

|

« BUG DEFROCTOR | トップページ | WHITE NIGHT BACKUP LAMP -1- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122232/5754076

この記事へのトラックバック一覧です: LUMI LOGO EMBLEM:

« BUG DEFROCTOR | トップページ | WHITE NIGHT BACKUP LAMP -1- »