« 一難去ってまた一難 | トップページ | フロントカメラ取り付け(2) »

2009.11.26

フロントカメラ取り付け(1)

数年前の道交法改正により、SUVなど見通しが悪い車は、車体の前方と助手席側前方側面の安全を確認する装備が必要になっているのはご承知のとおり。
なので、最近の車は、それも高級SUVの代名詞であるランクルでさえも、悪名高き「きのこミラー」がついている。
同様にESCALADEも三井ディーラ物はきのこミラーが最初からついているのだ。
それなりの費用がする高級車なのだから輸入元も考えてほしいところ。
フォードジャパンが輸入するリンカーンナビゲータは確かカメラがついたはずだ。
ライバル車なのだから少しは見習って欲しい。

で、hidepのESCALADEもミラーがついているのだが、やはりかっこ悪いし、シンプル
イズベストということでカメラを取り付けることにした。
まずはフロントカメラからだ。
フロントカメラはナビとの連動性が大事なので当然ALPINEのカメラをチョイス。
3種類の見え方が可能なインテリジェンスなカメラだ。お値段もそれなりにする。

先のナビ取り付けで配線だけは運転席足元まで引っ張っておいたので準備万端。
当然、この後取り付けるリアカメラ用の配線もね。

カメラ本体を取り付ける前に大事なことは配線を室内からエンジンルームまで引っ張ること。
エンジンルームを眺めたところメインハーネスを含めて2箇所ほど候補があったのだが、作業性も悪くちゃんと通るか確証もつかめない。
めったやたらに切った貼ったするわけにいかず、途方にくれ始めたところで、ESCALADE購入元のショップに相談。
うれしいことに写真イメージ付の資料で親切に教えていただいた。

2配線を通せる箇所は運転席付近に2箇所。
1つは足元ヒューズボックス付近、サイドフットブレーキペダル奥のカーペットをめくったとろところにあるサイド
ワイヤを通してあるグロメット。写真の白いところがグロメットだ。
もう一つは、運転席シート手前にあるカーペット下にあるシフトワイヤ用のグロメット。
運転席の車体裏側をのぞくとすぐにわかる。
前者は室内から外に出すにはちょうど良いところだが、むちゃくちゃ固く隙間に余裕なし。
後者は柔らかいので簡単そうだが、ちと配線の引き回しが必要だ。
hidepの場合は、躊躇なく前者を選択した。

|

« 一難去ってまた一難 | トップページ | フロントカメラ取り付け(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122232/46862927

この記事へのトラックバック一覧です: フロントカメラ取り付け(1):

» フロントカメラ取り付け(2) [hidep@cadiee]
躊躇なく前者を選択したわけであるが、イザ!配線を通そうと試み [続きを読む]

受信: 2009.11.27 17:14

« 一難去ってまた一難 | トップページ | フロントカメラ取り付け(2) »