« 2009年12月7日 | トップページ | 2009年12月11日 »

2009.12.08

リアカメラ取り付け(1)

フロントカメラの次はリアカメラの取り付け。

リアもフロント同様にナビ本体からの配線コードは接続済みだったので、まずはリアハッチまでの配線を行わなければならない。
リアハッチへの入線はハッチ上部にあるゴム製のハーネスカバーになるのだから、単純に考えてルートは2つ。
運転席側の天井部分を這わすか、フロア下の部分を這わすか。

少し難しいところもありそうだったのだがスカッフプレートは取り外しができそうだったし運転席部分は既に外していたので、迷わずフロア下を這わすことにした。
リアタイヤ付近からハッチ上部までのルートが不明だったので、いくつかのカバーを取り外して調査をした。
一つはサードシートのところにあるジャッキを保管しているところ。ちょうどドリンクホルダーのところだ。
もう一つはハーネスカバーにアプローチするためのリア最後部天井部分にある化粧カバー。
内張りはがしを使って丁寧にはずしていく。
後は手持ちのスポットライトを利用したり、手を突っ込んだして何とかルートが確保できることを確認した。

hidepがとった配線ルートは写真のとおり。

配線のポイントは、フロア下からリアタイヤハウス内へのアプローチと、リア最後部からリア天井へのアプローチ。
前者は先に紹介した配線ガイドを利用し、まずは直線的にジャッキ保管箇所まで配線を通す。
次にフロア下までゴムカバーと内装の隙間に配線コードを手で押し込んでいけばよい。

後者は、一旦リア最後部からリアハッチのタンバー部の穴まで通し配線ルートを確保。
そこからさらにリア上部へ配線コードを引っ張りあげる。ここでも配線ガイドが活躍する。

なお、この部分にはリアハッチの自動開閉装置?があるので、それに干渉しないよ
うにルートをとることと、配線をタックタイなどで固定しブラブラしなようにしないといけない。

12
7

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年12月7日 | トップページ | 2009年12月11日 »