2009.06.03

がんばれ!フォード

あえてこのカテゴリでのエントリー。

GMとクライスラーがチャプター11を申請して経営再建策に踏み切ったのはご承知のとおり。

予想されていたことだからあまりビックリはしなかったけど、Cadillacを購入した直後だから気持ちが良いものではなかったのは事実。

幸いなことに(予想どおりだが)、Cadillacブランドは存続される。 これでしばらくはESCALADEも安泰かな。

その他、シボレー、GMC、ビュイックが残るとのこと。 ハマーは中国企業に売られるっぽい。いつまで残るのやら。

気になるのは、前車エクスプローラのフォードだ。 破産せずに自力でがんばっているけど、市場が冷え込んでいるのはどこも同じ。 このような状態で債務を返済しつづけなければならないのはかなり厳しいはず。

その点、GMやクライスラーは身軽になったんだよね。 いつまでふんばることができるのか。そこが心配だ。 タイミングによっては、政府の救済もなく一人負けなんてことがあるかもしれない。

最悪のシナリオだけど。 フォードにはそのようにならないように是非ともがんばってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.11

フォード品質向上!?

米国における2007年の自動車初期品質調査(Initial Quality Study: IQS)の結果を発表された。セグメント別ランキングにおいて、19セグメント中4セグメントでFord車がトップ。ブランド別ランキングではLincolnが3位となるなど、Fordグループの車および工場の品質が向上している。
ちなみにエクスプローラーは入っていない(涙)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.11

米フォード、新たなリストラ

米フォードがまたまたリストラを実施すると発表。
現在、リストラ進行中の中のリストラ強固策。
クリーブランドの鋳物工場を2009年に閉鎖するとのこと。
米ドラマ「24」だけでは、売り上げは伸びないのね。
かなり厳しい状況みたい。

対してトヨタは世界一になったとかなるとか。
何かが変化する時期にきているのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.14

フォード、アストンマーチンを売却

米Ford Motor社が、英Aston Martin社を売却すると発表。売却先はコンソーシアムというところ。
売却額は9億2500万ドルだが、売却後も株式7700万ドルを保有するとのこと。売却時期は2007年第2四半期。

とうとう切り売りが始まりましたね。それだけ厳しいということなのでしょう。
ビッグ3のクライスラーも売却の話があるとかないとか。
好調な日本メーカたたきが始まらなければいいのですけど。
現地工場があるから昔ほどひどくはならないのかもしれませんね。予断は許さないですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.08

トーラス復活!!

あの名車、トーラスが復活することになったらしい。
実は私の場合トーラスを見に行ったのだが展示してあったエクスプローラーに一目ぼれしてそちらを購入してしまったのだ。
だからとっても好きだったトーラスが復活するのがうれしい。
ワゴンも出てほしいなあ。

よーやくネットに接続できる環境がととのったので久々の書きこみでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.11.13

米フォード、ミシガン州SUV工場で生産削減

米フォードが需要低迷からミシガン州のSUV製造工場での生産を削減するようです。
生産が削減されるのは、同州ウェインのトラック工場で、フォード・エクスペディションやリンカーン・ナビゲーターが対象となるみたい。
とりあえずエクスプローラーは関係ないみたいですね。
今回は生産削減ですが、閉鎖される工場を日産が利用するというプランもあるようで日本車強しってところでしょうか。日本バッシングなどが起きなければいいですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.27

Amazon.com、自動車パーツストアをオープン!!

ひさびさのカキコ。クロスだけど。
新品だけでなく中古、再生パーツなど、100万点以上を扱う自動車パーツストアがAmazon.com内にオープンしたみたいですね。
車種や年式の入力で、自動車に合ったパーツが表示される検索機能「Part Finder」で簡単検索。約1万車種に対応しているみたいです。
あらかじめ自分の愛車の詳細を「Your Garage」に登録しておくことも可能。
これがどういう機能を果たしてくれるかは不明ですが。
日本まで発送してくれる商品がいくつあるかは気になることろですが、もともと日本では中古部品の流通がほとんどないので日本のオーナーの救世主となるか?に期待です。

http://www.amazon.com/b/?node=15684181

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.27

'07 EXPEDITIONの価格を値下げ

フォードが'07 EXPEDITIONの価格を06年モデルと比較して平均で4300ドル程度下げた模様。しかも価格を下げながら標準装備品はグレードアップしたという、事実上は6000ドル以上の値下げ価格。
エクスペディションのような大型SUVへの需要が落ち込み、より現実的・経済的なサイズの車が求められるという、利益幅が大きいSUVよりも、薄利でも多売できるクロスオーバー、小型車が幅をきかす傾向はおさまらない。
ベース価格が3万ドルを切り、3列シートすべてにサイドカーテンエアバッグ搭載となると買い得感が強まることは必死か?
EXPLORERは入っていないのが残念。ご存知のように日本では価格が上がりっぱなしなんだけどなー(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.10

フォードがライトトラックモデル廃止

ガソリン高の影響を受けてSUV、ピックアップ、ミニバンの売れ行きが落ちる中、GMとフォードはいくつかのライトトラックモデルを近い将来ラインアップから外す事を決めたようだ。

フォードは早ければ今年の夏で、『モントレー』ミニバンの製造を打ち切ると見られており、後継モデルも考えておらず、今後はフォード『フリースタイル』ミニバンに一本化される見込み。
先のエントリーとのからみからモデル再編、はたまたブランド再編へといろいろなことが起きそうな気配である。
全ては原油高に起因するものであろうか....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.04

堕ちたフォードのブランド価値?

USフォードのマーケットシェアの低下が著しいようだ。前年比較で0.6ポイントのマイナスで18.3%、5年前が24.5%であったことを考えるとかなり低い数値である。
最大の要因はというと、やはり魅力ある商品を提供してこなかったこと、消費者のトレンドシフトを見誤ったことであると分析されている。これはGMにもいえることらしい。
シェア低下に加えて下取り価格の低下も激しいそうだ。新車購入3年後には新車価格の30%台まで落ち込むということだから相当低い。日本でのアメ車全般並みか?(涙)
どうしても購入したいという車を開発できないのが今の弱点、ブランド価値の低下なのだろう。
結局のところインセンティブや大幅ディスカウントに頼らざる終えないという悪循環の繰り返しという状況。

さてスポーツトラックを投入することになった日本フォード、どこまでがんばることができるのであろうか。
楽しみなところではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)